« ジャングル・ブック(2016) | トップページ | 君の名は。 »

2016/08/28

X-MEN:アポカリプス

Xa 前作で、X-MENに対する大いなる愛を持ってシリーズを粉みじんにしたブライアン・シンガー監督。あれでやりつくしたはずだし、もうやりたいこともないだろうと思っていた。あの続きを創れるとは到底思っていなかった。

しかしそれでも、またブライアン・シンガー監督で続編は創られた。彼は本作をもって何をやりたかったのだろうか。

それは最後のつじつま合わせである。壮大なストーリーは付けられているものの、それははっきりいってどうでもいい内容のものである。ファースト・ジェネレーション世代からオリジナル世代との橋渡し。こつこつとエピソードを積み重ね、そっと円環が閉じていくようにX-MENの世界がつながっていく。まるで「シスの復讐」のように。

シリーズ全体で考えれば無くてもいい映画である。というよりも、ファースト・ジェネレーション三部作は一作目が大傑作だったけれども、残りは正直ドラマとしては内容のない映画であった。ではなんでそんな映画を二本もブライアン・シンガー監督が撮ったのかといえば、「ファイナル・ディシジョン」で他人に踏みにじられた自らが育ててきたキャラクターたちへの愛である。死んでしまったキャラクターたちの輪廻転生である。

そしてそんな愛を見せつけられると、やはりシリーズのファンとしては泣けてきてしまうのである。やっぱりX-MENは、チャールズとエリックの友情の物語なのだ。

29/2016

#763

|

« ジャングル・ブック(2016) | トップページ | 君の名は。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/64123541

この記事へのトラックバック一覧です: X-MEN:アポカリプス:

« ジャングル・ブック(2016) | トップページ | 君の名は。 »