« オデッセイ | トップページ | マネー・ショート 華麗なる大逆転 »

2016/04/02

キャロル

C ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラのW主演がインパクトのある作品です。

作中でも語られていますが、この映画には説明も解決もありません。
条理もなければ不条理ありません。そして彼女たちがそれを淡々と受け入れていくように、観客も受け入れていくしかない。観客を納得させ導いていく仕組みが組み込まれていないだけに、観る人を選ぶ映画といえるかもしれません。

しかしそれを受け入れていける人にとっては、小さいけれども、美しく、楽しめる映画であると思います。ルーニー・マーラの存在感がケイト・ブランシェットをやや押し気味だったのが予想外でしたね。

05/2016

#740

|

« オデッセイ | トップページ | マネー・ショート 華麗なる大逆転 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

Good web site! I really love how it is easy on my eyes and the data are well written. I am wondering how I might be notified whenever a new post has been made. I've subscribed to your RSS which must do the trick! Have a great day! edebdeceadee

投稿: Johng837 | 2016/04/05 08:42

Thank you for reading.See you next time.

投稿: starless | 2016/04/10 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/63429481

この記事へのトラックバック一覧です: キャロル:

« オデッセイ | トップページ | マネー・ショート 華麗なる大逆転 »