« 映画タイトル一覧 | トップページ | 残穢 -住んではいけない部屋- »

2016/02/07

007/スペクター

Spc 今では多くの人が忘れてしまっているかもしれないが、ダニエル・クレイグが初登場した『カジノ・ロワイヤル』は007が生まれる物語だった。

その後、前作『スカイフォール』で強く打ち出された方向性。それはダニエル・クレイグのシリーズは、007の『エピソードゼロ』であるということだった。そして、おそらくこの路線の最終章と思われるのが、007の宿敵スペクターの誕生が描かれた本作である。

スペクターの、ブロフェルドの正体については全く予想通りであり驚きはなかったが、本作の価値はそのようなところにはない。『ドクター・ノオ』から始まるあの世界の誕生を、美しく、そしてどこか優しく描いていくところが、本作の最大の見どころである。

ロンドン、ローマ、雪のオーストリア、灼熱のタンジール。どこもが懐かしい、おなじみの舞台である。ブロフェルドの傷はこうして刻まれたのか。後のユニバーサル貿易はこうして生まれたのか。長大なシリーズが円環を閉じようとするその瞬間は、『スター・ウォーズ/エピソード3』を観たときの感慨と不思議と似ている。

これにてダニエル・クレイグ編は一区切りである。
この後のシリーズがどうなっていくのか?
これだけ本作がヒットしたら、やはりダニエル・クレイグは続投だろうか?
未来はまったく予想できないけれども、それでも製作者たちが、いまだに50年以上続いているシリーズに深い敬意と愛情を持っていることが確認できて、とてもとても感動しました。

01/2016

#736

|

« 映画タイトル一覧 | トップページ | 残穢 -住んではいけない部屋- »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/63176547

この記事へのトラックバック一覧です: 007/スペクター:

« 映画タイトル一覧 | トップページ | 残穢 -住んではいけない部屋- »