« 予告犯 | トップページ | マッドマックス 怒りのデス・ロード »

2015/07/05

トゥモローランド

Tl 『良い狼にエサをやること』

これがこの映画の全てであり、そしてディズニーの本質でもある。
最近では珍しい子どもが登場するアクション・アドベンチャーの体裁をとりつつも、本作は『イントゥ・ザ・ウッズ』と同じく、ディズニーが自らの哲学を強く前面に打ち出した作品です。

監督は『Mr.インクレティブル』のブラッド・バードだけにつくりはそつなく、この手のジャンルとしては標準以上に楽しめる。出演者ではジョージ・クルーニーに注目が集まるけれども、スターではないがその両脇を固める二人の女優がよい。

ヒロイン役にあたるブリット・ロバートソンはとにかく明るく元気なのが良い。どんな苦境に陥っても悪態をつきながら前に進む。何も考えていなさそうなある意味『おバカキャラ』だけれども、やや深刻になりがちなこの映画の世界観の中では、彼女の存在はとても大きかった。

そして本作の狂言回しとなる謎の少女を演じるラフィー・キャシディ。役柄にピッタリの、年齢を超越した澄み切った表情が素晴らしい。本作はある意味では彼女とクルーニーとのラヴ・ストーリーともいえるわけだが、大スターを向こうに回すしても引けをとらない存在感がありました。

37/2015

#706



|

« 予告犯 | トップページ | マッドマックス 怒りのデス・ロード »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/61839211

この記事へのトラックバック一覧です: トゥモローランド:

« 予告犯 | トップページ | マッドマックス 怒りのデス・ロード »