« 映画タイトル一覧 | トップページ | 故郷への長い道/スター・トレック4 »

2015/07/12

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン

A2 シナリオに難ありだった前作と比較して、大幅にドラマ性をアップしてきた『アベンジャーズ』第2弾。

物語としては『アイアンマン3』の延長線上にそのテーマはある。内なる恐怖に打ち勝つための力。力が生み出す新たな恐怖。その連鎖にどう向き合うのか。アベンジャーズの各メンバーがそれぞれの恐怖と向き合い、自身の影と戦うことになる。

とてもよく考えられているし、単なる『お祭り』であった前作よりも完成度は高い。しかし、この『アベンジャーズ』のフォーマットではここが限界点であることも感じさせる。やはりドラマ性を高めていくためには主人公が多すぎるのだ。『アイアンマン3』のドラマの素晴らしさは、やはりトニー・スタークに焦点を絞っているからこそである。例えば本作をハルクとブラック・ウイドウに焦点を絞って製作したらかなりの傑作となるだろうけれども、『アベンジャーズ』ではそれは許されない。

オールスター戦は所詮はお祭りである。
本作はその約束事の中で築き上げられた、素晴らしい到達点ではあることは間違いありません。それでももうこれ以上の高みには行けないのかもしれないと思うと、贅沢ではありますが一抹の寂しさを感じます。

42/2015

#711

|

« 映画タイトル一覧 | トップページ | 故郷への長い道/スター・トレック4 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/61876311

この記事へのトラックバック一覧です: アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン:

« 映画タイトル一覧 | トップページ | 故郷への長い道/スター・トレック4 »