« ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 | トップページ | ワイルド・スピード SKY MISSION »

2015/04/18

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

Bm 生理的に合わない映画監督というものがいるとするならば、わたしにとってそれはアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督です。

『バベル』にしろ『ビューティフル』にしろ、常に『死』をテーマにした彼の映画は、徹底的に誇張された世の中の不快さで満ち溢れています。それは確かに世界の一面ではありますが、映画をエンターテインメントとして楽しむという以前に、その映画がもたらす不快さに我慢がなりません。観客に提供される商品であるという映画の側面から考えると、あまりに独りよがりであり、非ユーザーフレンドリーなのが彼の作品だと感じます。そんなイニャリトゥ監督がついにアカデミー賞で4部門を獲得したのがこの映画です。彼は変わったのでしょうか、変わっていないのでしょうか。

テーマはいつもと同じ『死』です。死にゆく男の、死に際の苦悩をひたすらに描いています。しかし、その描き方は大きく変わりました。この映画での『死』は『俳優としての死』に置き換えられているのです。そうです、これはデフォルメされた『ビューティフル』なのです。主人公の不潔な生活環境は、雑然としながらもきらびやかな楽屋に置き換えられ、不愉快な手振れカメラはとても滑らかな疑似ワンカット映像に生まれ変わりました。

不変のテーマをとても居心地がよく整えられた衣でくるんでいる。これは迎合や鈍化ではなく、深化であり成熟であるのでしょう。刺々しい外皮で人を寄せ付けないのではなく、広い間口で多くの人を取り込んでいく。取り込まなければ伝えたいことも伝わらないし、伝わらないのはさみしいことじゃないですか。大衆のものである映画とは、やはりこういうものであってほしいです。

優れたその手腕を、初めて観客をもてなすために使ったイニャリトゥ監督。
その結果が栄冠につながったというのがとても喜ばしい。

21/2015

#690

|

« ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 | トップページ | ワイルド・スピード SKY MISSION »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/61458534

この記事へのトラックバック一覧です: バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡):

» 映画:バードマン Birdman 中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快?怪作! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方と...... [続きを読む]

受信: 2015/04/26 18:36

» 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 [ここなつ映画レビュー]
芝居を観るのは体力がいる。昔からずっと感じていた事である。LIVE感というのか、生身の人間のパッションがそのまま迫ってきて、こちらの魂が吸い取られていくような。真剣勝負だ、相討ちだ、と、喉元に刃を突きつけられているような。だから、日常生活の他の場面で体力を最大限に使わなければならなかった私は久しく芝居の世界から遠ざかっていた。もうひとつ、LIVEなので終演時間が読めない、という点が、帰宅時間に制約のある身としては厳しい。だからと言ってきっちり時間通りに終る芝居なんて本末転倒で、時間に制約のある私にと... [続きを読む]

受信: 2015/05/15 14:08

« ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密 | トップページ | ワイルド・スピード SKY MISSION »