« アメリカン・スナイパー | トップページ | イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 »

2015/03/23

博士と彼女のセオリー

T この映画はラヴ・ストーリーであるとともに、膨張してゆく宇宙の話でもある。

その進む速さは相対的なものであり決して同じ時間を費やすわけではない。
それでもその流れは絶対に止まることはなく、あらゆるものは留まり続けることができない。

そしてこの映画は、スティーヴン・ホーキングの物語であるというよりは、その妻ジェーンの物語である。

光のように真っ直ぐで、力強く進むジェーン。
しかしブラックホールの重力を前にしては、その光の進路でさえが歪んでしまう。
しかし特異点に囚われたように思えても、粒子は放射され留まることはできない。
流転してゆくこと。それこそが粒子の本質であり、恐れることはなにもない。

神を必要としない科学者たちも、神を崇める宗教家たちも、全ての粒子は同じ法則に囚われており、やがて彼らはそのことに気が付いてゆく。生まれては滅び、滅びては生まれる。そこにあるのは、留まることを知らずに変化し続ける美しい宇宙の姿だ。

方程式により解が導かれるのではなく、方程式こそが解なのかもしれない。
この映画は健気に真理を追い求める、わたしたちの映画なのです。

17/2015

#686

|

« アメリカン・スナイパー | トップページ | イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/61326840

この記事へのトラックバック一覧です: 博士と彼女のセオリー:

« アメリカン・スナイパー | トップページ | イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 »