« エクソダス:神と王 | トップページ | チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 »

2015/03/02

はじまりのうた

Ba そこが客の入ったステージであれ、メンバーしかいない狭い練習スタジオであれ、バンド演奏というものは演奏それ自体が楽しいものだったりする。

初めて演奏する曲。ドラムのカウントから最初の音が出る瞬間の緊張。この映画は、そんなバンド演奏のドキドキする楽しさが満ち溢れている。演奏する人々の楽しそうな姿がこの映画の一番の見どころであり、そして感動の源なのです。

バンド活動が軌道に乗ると、何故かメンバーたちの私生活もとんとん拍子に上手く行ってしまう。サクセスストーリーものの映画にありがちなご都合主義な展開だけれども、そんなことは全く気にならない。これだけ演奏シーンから楽しそうな感じが伝わってくれば、この映画は大成功だとしか言いようがない。

音楽っていいもんだなぁ。そうしみじみと感じさせてくれること。
それは音楽をテーマとした映画にとっては絶対に外してはならないポイントだし、そしてこの監督はそこを絶対に外さない。

08/2015

#676

|

« エクソダス:神と王 | トップページ | チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/61220682

この記事へのトラックバック一覧です: はじまりのうた:

« エクソダス:神と王 | トップページ | チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 »