« スパイ・レジェンド | トップページ | シン・シティ 復讐の女神 »

2015/01/31

トラッシュ!-この街が輝く日まで-

Tr スラムの少年が巻き込まれる数奇な物語。

なんとなく『スラムドッグ$ミリオネア』を思わせる印象の映画ですが、こちらの方がもうすこしシリアスな内容です。少年たちの置かれた環境はかなり劣悪なもので、公権力側が加える仕打ちも容赦なく、児童虐待に近いものがあります。

それでも暗い映画にならないのは、あくまでもテンポの良いサスペンス映画としてまとめられているからであり、また少年たちの明るさに救われているからでもあります。社会的な問題提起を基調におきながらも、基本はあくまでも娯楽映画として創られています。不自然なほど少年たちが易々と危機をかいくぐって行きますが、リアルさを求める映画ではないと考えれば、気になるほどのことではなく、逆に爽快感につながっているのだと思います。

それでも最後におもむろに突きつけられるのは、とても重いメッセージです。
ワールドカップ、オリンピック。ブラジルは浮かれていて大丈夫なのか?
重さと軽さのバランスがとても絶妙に配分されたよい映画だったと思います。

04/2015

#672

|

« スパイ・レジェンド | トップページ | シン・シティ 復讐の女神 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/61061949

この記事へのトラックバック一覧です: トラッシュ!-この街が輝く日まで-:

» 「トラッシュ! この街が輝く日まで」 [ここなつ映画レビュー]
かなり良かった。あの、私から涙拭くハンカチを手放させない「リトル・ダンサー」「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」のスティーブン・ダルドリー監督の作品だと思うと、「かなり」という修飾語は割愛されるかもしれないけれど。ちなみに今回はハンカチの必要は、無い。「お綺麗な」子供たちでないのがいい。子供に「子供らしさ」や「子供故の愚かさ」を求めるのはうんざりだから。彼らは彼らに欠けている親の愛さえ求めていない。その代わり属するコミュニティへの愛には満ちているが。彼らはただ、日々をアクティブに駆け抜けて行... [続きを読む]

受信: 2015/02/12 17:47

« スパイ・レジェンド | トップページ | シン・シティ 復讐の女神 »