« 天才スピヴェット | トップページ | パワー・ゲーム »

2014/12/14

インターステラー

Is_4 伸びたり縮んだりすることはあっても、決して遡ることはできない。

そんな時間の残酷な特性を、相対性理論を中心に据えて描いたストーリーが絶品です。滅び行く静かな農村での暮らしから始まり、ワームホールの向こう側の峻厳な惑星へ。自らの愛する家族と自らが属する人類という『種』と。果たして守るべきものはどちらなのか。そんな哲学的な命題をどんでん返しが続くサスペンスフルな手法で描いていく。緩急取り混ぜたその演出はお見事としかいいようがありません。

『インセプション』に代表されるように、クリストファー・ノーラン監督は重層的な世界を舞台に複雑な物語を描くことを得意としてきました。そしてそのようなスタイルは、場合によっては技巧に走りすぎて情感が犠牲になるという問題も持ち合わせていました。しかしこの映画では、中心に父と娘の愛情を据え続けることでその問題を解決しています。ブラックホールの特異点の向こう側で、全ての伏線が美しく収束していくその中心にあるもの。それが人類の未来などではなく、あくまでも二人の心の触れ合いであるというところがあまりに感動的で、ただただ泣きながら二人の行く末を見守るしかありません。

ここ10年程にわたって素晴らしい作品を発表し続けてきたクリストファー・ノーラン監督。そんな中でもこの映画の完成度には言葉を失います。あまりに素晴らしい映画は、観る者に打ちひしがれるほどの衝撃を与えてくるのだということがわかります。クリストファー・ノーラン監督の集大成であり最高傑作であり、めったにお目にかかれないほどの逸品です。

72/2014

#660

|

« 天才スピヴェット | トップページ | パワー・ゲーム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/60810275

この記事へのトラックバック一覧です: インターステラー:

» 「インターステラー」予想を超える圧倒的な映像の世界!! [Wandarlust! 映画とドラマ、ダラダラ英語雑記帳]
11月22日より公開が始まりました インターステラー  公式サイト →http: [続きを読む]

受信: 2014/12/14 21:12

» 映画:インターステラー Interstellar ノーランが切り開く 2001年宇宙の旅の先。SFもやっと21世紀を迎えた! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
この秋、話題の一作。 クリストファー・ノーランと言えば、出世作「メメント」、そして「ダークナイト」「インセプション」etc、かなりの手練れ。 その彼が、初めて本格的 S F に挑戦! いつものメンバー、マイケル・ケイン、アン・ハサウェイに加え、マシュー・マコ...... [続きを読む]

受信: 2015/01/06 08:33

» 「インターステラー」 [ここなつ映画レビュー]
結局、2014年に最後に劇場で観た作品は、この「インターステラー」と相成りました。原作未読なので、疑問に思う部分も幾つかあり、観終わったあと息子達と、ああでもない、こうでもない、と、解説し合ったり議論し合ったりしたのがすごく面白かった。近未来、土壌の変化と日々発生する砂嵐とで、地球の作物は順次全滅し、今ではトウモロコシしか作付けできなくなってしまった。このままでは飢え死にするか、植物の光合成によって供給される酸素がなくなり窒息死するか、という環境下の人類であった。第一次産業だけが重要視されるようにな... [続きを読む]

受信: 2015/01/09 12:46

« 天才スピヴェット | トップページ | パワー・ゲーム »