« イコライザー | トップページ | 紙の月 »

2014/12/07

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション

Ex3 『ロッキー』を観るとわかりますが、スタローンってああ見えて結構真面目に映画を創る男です。

この映画もそうです。単にスターを並べてドンパチさせるだけではいけないと思ったのでしょう。また2時間スターを出し続けるだけの予算が無いことも、ちゃんとわかっていたのでしょう。観客は別に単なるドンパチだけでもよいと思っているはずなのですが、ちゃんと色々と考えてしまうのがスタローンらしいといえます。

観客が望んでいないことが分かっているはずのエクスペンダブルズの世代交代のエピソードをあえてはさんで、スター不在の時間帯をしのがなければならなかったわけですが、その水増しエピソードをちゃんと手を抜かずにしっかりとシナリオを組み上げてしまうのがスタローンの真面目さです。なんだかんだ言ってその世代交代エピソードが、単調になりがちなアクション映画によいアクセントとなっていたことは否定できません。

『アクションスターの競演』という意味では前作の方が面白味はありましたが、一本の映画としてみるとこちら方がよい出来です。みんな笑ってしまうほど歳をとってしまいましたが、いつまでもお元気で。

69/2014

#657

|

« イコライザー | トップページ | 紙の月 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/60775516

この記事へのトラックバック一覧です: エクスペンダブルズ3 ワールドミッション:

» 第27回東京国際映画祭「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」 [ここなつ映画レビュー]
東京国際映画祭特別招待作品として鑑賞。東京国際映画祭は、とても楽しみにしているイベントであるが、一方で大変真面目に鑑賞しなければならないという自分で自分に課した義務感と、好みのタイプでない作品に当たってしまう(でも真面目に観なくてはならない)リスクとで、「たのくるしい(楽苦しい)」ものである事も確かである。なので、1本は何も考えずに思う存分楽しめる作品をチョイスする事にしている。で、この「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」である。すぐにロードショー公開する事は判っていたが、何も考えずに楽しめ... [続きを読む]

受信: 2014/12/26 13:05

« イコライザー | トップページ | 紙の月 »