« サンバ | トップページ | Year 2014 »

2014/12/29

ベイマックス

Bm 序盤は予想通りに進んでいく。大好きな兄との予想外の別れ。そして兄の残したロボット。

ヒューマンでコミカルなストーリー。しかしそれは中盤までだ。
すっかり忘れていたけれども、本作には原作がある。マーベルコミックスの『Big Hero 6』。そうなんです。本作はアメコミのヒーローものだったのです。

様々なディズニーアニメにもたくさんのアクションシーンが含まれているが、本作のアクションシーンは全くその発想が異なっている。この映画のアクションシーンは、アニメ映画のアクションシーンではなくてアニメで表現したアクション映画。わざとキャラクターの体系をデフォルメしていなければ実写と区別がつかないほどの精緻なアニメーションで描かれる本格的なアクション。それは『アイアンマン』などのマーベル作品と比較しても遜色ないほどのグレードです。

もう間もなく、『アニメ映画』は無くなるでしょう。
『アニメのアクション映画』と『実写のアクション映画』を合わせて『アクション映画』と呼ぶ時代が、もうそこまでやってきているのがわかります。『アニメ』は映画の中の一ジャンルではなくて、映画の表現方法の一つとなることでしょう。「アニメは子供が観るもの」そんな時代はいよいよ終わろうとしています。

今回近所のシネコンでは、『ベイマックス』の字幕版をレイトショーで公開していました。今まではアニメはいつも吹き替えで、いつも昼間でした。でも、興行側も変わりつつあります。アニメも変わりつつあります。よい映画を見逃さないためには、そろそろ観客も変わらなければならないようです。

80/2014

#668

|

« サンバ | トップページ | Year 2014 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/60887085

この記事へのトラックバック一覧です: ベイマックス:

» 『ベイマックス』 期待される日本 [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  年末に配られた冊子に、面白い一覧が載っていた。  読売新聞の購読者に配られる読売家庭版2015年1月号のディズニー映画特集だ。「時代を超えて愛され続けるディズニー長編アニメーション」と題して、長編映画第1作目の『白雪姫』から最新の54作目『ベイマックス』までがズラリと掲載されているように見えた。  だが、記事本文には「『ベイマックス』まで入れて54作品。心...... [続きを読む]

受信: 2015/01/03 12:04

« サンバ | トップページ | Year 2014 »