« フューリー | トップページ | 寄生獣 »

2014/12/20

ゴーン・ガール

Gg 冒頭はやや地味目の心理サスペンスとしてこの映画は始まる。

しかしこの映画は刻々と姿を変えていく。重大などんでん返しさえも中盤で済ませてしまい、それ以降も予想を覆す展開で観客を翻弄し続けていく。着地点の全く予想できないジェットコースターっぷりは圧巻としか言いようがない。

面白い原作を面白い映画に。これが簡単に出来れば誰も苦労はしない。そして面白い原作を面白い映画にしっかり仕上げられるのが、今まさに脂の乗り切ったデヴィッド・フィンチャー監督の実力なのだろう。

一体誰が正しいのか。自分は誰に感情移入しながらこの映画を観ていくのか。
観る人によってその感想はまちまちだろうが、間違いないのは本作が第一級のサスペンス映画であり、最高の映画体験を提供してくれることだ。もしまだご覧になっていない方は、今後一切の予備知識を入れることなく、ぜひご覧になっていただきたいと思います。

「ボンドガールは成功しない」
そんなジンクスを跳ね返すように、ベン・アフレックに負けない存在感を発揮したロザムンド・パイクにも拍手です。

75/2014

#663

|

« フューリー | トップページ | 寄生獣 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/60839103

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーン・ガール:

« フューリー | トップページ | 寄生獣 »