« バンクーバーの朝日 | トップページ | ベイマックス »

2014/12/29

サンバ

Sb 『最強のふたり』の主演オマール・シーが、同作の監督と再び組んで登場。

一応本作もコメディという位置づけの様ですが、内容は『最強』ほど大笑いという感じではありません。どちらかというとフランスにおける移民の不法滞在問題の方がメインに取り上げられており、社会派ドラマとしての側面を強く感じました。

とはいえドラマとしての安定感は『最強』同様。アメリカともイギリスとも違う独特の大人のユーモア感覚やオマール・シーをはじめとした出演者の素晴らしさもあり、一本の映画として楽しめる内容だったと思います。ヒロインのアリス役や偽ブラジル移民のウィルソン役など、共演者たちがとても個性的でよかったと思います。

自分の感情をそのままぶつけるのではなく、一度飲み込んで消化する。ゆえに感情がストレートにぶつかり合うような派手なシーンは少ないのですが、決して楽しいことばかりでない暮らしの中で、自らが楽しもうと工夫をしながら生きていく登場人物たちの姿がとても印象的でした。

79/2014

#667

|

« バンクーバーの朝日 | トップページ | ベイマックス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/60885051

この記事へのトラックバック一覧です: サンバ:

» 「サンバ」 [ここなつ映画レビュー]
2014年今年最後の作品にしようと思ってた。これでフィニッシュ、綺麗かも、って。そう、観終わるまでは。でも観終わった後は、…おいおい、ちょっと後味悪くないか?!そうなんだよね、この監督は元々皮肉っぽい展開がお好きなんだよね。だから、「爽やかに笑って泣いて」などという宣伝文句に騙されてはいけない。そんな宣伝文句言ってたかどうか知らないけど。「最強の二人」のあのコンビが!なーんて言われると、ついついそう思っちゃう。もちろん、ヨーロッパにおける移民の問題は、それが紛争に至ってしまう位深刻なものである事は承... [続きを読む]

受信: 2015/01/06 14:40

« バンクーバーの朝日 | トップページ | ベイマックス »