« ドラキュラZERO | トップページ | エクスペンダブルズ3 ワールドミッション »

2014/11/30

イコライザー

Eq 『正義の人』 そんなイメージがぴったりくるのがデンゼル・ワシントンである。

清廉潔白なイメージが固定するのを嫌ってか、このところは犯罪者などの悪役にも積極的にチャレンジしているようである。そんなデンゼル、本作ではついに『必殺仕事人』になってしまった。

ただし仕事の動機が金ではなく人助けであるところがやはりデンゼル。マフィアから少女を救ったことがもとになり自らの周辺にもマフィアの手が伸びてくるという、まるで『必殺仕事人』の最終回のような展開である。

そして演技派デンゼルであるからして、怒らせるととてつもなく怖い(笑)
終盤次々にマフィアを血祭りに上げていくところは圧巻。光と闇のコントラストを強調した映像。ふすま越しならぬキャビネット越しの刺殺シーンや、中条きよしが乗り移ったかのような吊るし技。正に『必殺仕事人』ワールド炸裂である。

シリーズ化されることはないと思いますが、されたらうれしいなぁ。

68/2014

#656

|

« ドラキュラZERO | トップページ | エクスペンダブルズ3 ワールドミッション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/60737682

この記事へのトラックバック一覧です: イコライザー:

» 「イコライザー」 [ここなつ映画レビュー]
のっけからネタばれなのだが、デンゼル・ワシントン演じるマッコールは、元CIAの凄腕で、今は引退して過去を隠し、ホームセンターに勤務している一介の男なのである。このマッコールが強い強い。思わず「つおい…」と呟いてしまう位強いのである。昼間は何事もなくホームセンターに勤務し、夜は「読むべき百の本」の内の一冊を携え深夜営業のダイナーで過ごす。そこで出会ったテリー(クロエ・グレース・モレッツ)の窮状をみかねてリベンジに立ち上がる。ま、アメリカ版必殺仕事人ですな。テリーはロシア人の娼婦という設定で、客とのトラ... [続きを読む]

受信: 2014/12/08 12:58

« ドラキュラZERO | トップページ | エクスペンダブルズ3 ワールドミッション »