« グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 | トップページ | ヘラクレス »

2014/11/01

まほろ駅前狂騒曲

Photo 多田便利軒を舞台としたこのシリーズで個人的に気に入っているところは、瑛太と松田龍平の何とも言えない距離感である。

同じ空間で過ごしつつも、なにを話すでもなく沈黙が垂れ込める。その静けさはどことなく居心地がいいような、どことなく気詰まりなような。そんな二人の醸し出すユーモラスな雰囲気は本作でも健在であり、そのあたりは期待を裏切らない。もはや定番となりつつある安定感である。

しかしそんな二人の物語の中に、本作のような銃撃戦や流血騒ぎといった派手なシーンが必要なのかどうか。二人とその周辺の人間関係の中に起こる、もっと小さなエピソードを積み重ねる映画でよかったのではないか。二人のマッチングが良いだけに、映画全体のすわりの悪さがどうにも気になってしまう。

まぁ原作ものなので、映画だけの責任とは言えませんが、ちょっとそのあたりが残念でした。

65/2014

#653

|

« グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 | トップページ | ヘラクレス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/60578938

この記事へのトラックバック一覧です: まほろ駅前狂騒曲:

« グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 | トップページ | ヘラクレス »