« 記憶探偵と鍵のかかった少女 | トップページ | ふしぎな岬の物語 »

2014/10/13

ジゴロ・イン・ニューヨーク

Gny 金に困った二人のおっさんが、ジゴロとポン引きになってトントン拍子に大成功。

まったく説得力のないストーリーですが、そこにさらに追い打ちをかけるように繰り出される、ウディ・アレンのノリノリのコメディ演技。これはもう、ただ笑ってみていればいい映画なのだろうと思い始めると、なにやら執拗に盛り込まれてくるユダヤ人コミュニティのあれこれ。なんだかバランスが悪い(笑) どっちかにしろよ…

久しぶりに登場するシャロン・ストーンも楽しみだったのですが、いかにもシャロン・ストーンという役柄で、いかにもシャロン・ストーンというシーンに徹していたところが、久しぶりなのにこれでよかったのかよくなかったのか、判断に迷います(笑) もう56歳なのに…

ヒロインはヴァネッサ・パラディ。敬虔なユダヤ教徒の役を化粧っ気なしで熱演していました。が、しかし。前歯の隙間が気になって気になってしかたありませんでした(笑) あれは気が散るよなぁ…

結局この作品の感想は、(笑)ばかりだなぁ…

60/2014

#648

|

« 記憶探偵と鍵のかかった少女 | トップページ | ふしぎな岬の物語 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/60472033

この記事へのトラックバック一覧です: ジゴロ・イン・ニューヨーク:

« 記憶探偵と鍵のかかった少女 | トップページ | ふしぎな岬の物語 »