« マレフィセント | トップページ | GODZILLA (2014) »

2014/07/22

思い出のマーニー

Mn 何が苦痛で、何が不安なのだろう。何が不幸で、何が幸せなのだろう。

世界における自分の立ち位置、その絶対的な評価に迷う杏奈が、マーニーというもう一つの視点を得ることで、自らの相対化を成し遂げるまでの物語。

そこにはアニメ的なギミックもデフォルメもない。躍動感あふれるアクションシーンも愛らしいキャラクターもない。そこにあるのは丹念に描かれた物語だけ。この作品のアニメーションは、あくまでも物語に仕える存在だ。

後半が説明的すぎるきらいがあるし、やや強引にまとまり過ぎた感もある。でも、そんな小さなことが気にならないほど、そこにある多くの女性たちの生き方、そこに描かれる瑞々しい情感は圧倒的だ。ミステリアスでファンタジックで、そして力強い物語の完成度はとても高い。

スタジオジブリが更なるステップアップを図るには、『脱ジブリ』が必要だった。
前作『風立ちぬ』でも感じられたその流れは、ついに本作で大きな成果を生むこととなった。今までのジブリ映画が嫌いだった人にもぜひ観てほしい。今までのジブリ映画が好きだった人には、一本の映画としてこの作品に向き合ってほしい。

『アニメ映画』から『アニメーションによる映画』に。
この映画から日本のアニメーションの新時代が始まることとなるのだろう。

45/2014

#632

|

« マレフィセント | トップページ | GODZILLA (2014) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/60022749

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出のマーニー:

« マレフィセント | トップページ | GODZILLA (2014) »