« Year 2013 | トップページ | 大脱出 »

2014/01/07

麦子さんと

Mg 母が亡くなってから始まる、母と娘の葛藤の物語。

そのコンセプトは先日公開された『四十九日のレシピ』に似ているが、本作では「娘が母の若い頃に生き写しであり、どちらもアイドルと見紛うばかりの美人である」というところが秀逸なアイディアだ。

堀北真希クラスになると、美人過ぎて今ひとつ現実味に欠けるキャラクターとなりがちだが、役柄自体を『とてつもない美人』ということにして、一気にそのリスクをクリアしてしまっている。また『無口で人付き合いが苦手な声優志望のアニメオタク』という、美人が想像されにくい役柄にあえてキャスティングすることで、顔と役柄のギャップによる面白さを出しているところなどは、『三丁目の夕日』と同様である。

そんな巧みにキャスティングされた堀北真希が全編に登場する『堀北真希を鑑賞する映画』といってもいい作品だけれども、それ以外の出演者も優れているし、監督が手によるオリジナル脚本も、深刻にならずに涙あり笑いありと完成度が高い。言葉を超えたところで通じ合っている家族の絆を感じさせる、とてもよい映画です。

1/2014

#583

|

« Year 2013 | トップページ | 大脱出 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/58903298

この記事へのトラックバック一覧です: 麦子さんと:

« Year 2013 | トップページ | 大脱出 »