« 清須会議 | トップページ | ハンガー・ゲーム2 »

2013/12/29

永遠の0

0 大ベストセラー小説を、監督は『三丁目の夕日』の山崎監督、特撮は日本最高峰の白組で完全映画化。

ほぼ失敗はあり得ない鉄板企画でしたが、それでもこれだけの力作にちゃんと仕上げてきたのはお見事です。戦闘がメインの物語ではないので戦場でのシーンはそれほど長くありませんが、そのクオリティは素晴らしいのひとこと。さらにそれ以上に素晴らしかったのが、元特攻隊員を演じた老優たちの演技です。

映画の大半は元特攻隊員たちの昔語りとなるわけですが、退屈になりがちなモノローグがあれだけテンションの高い感動的なシーンとなっているのは、演じた彼らの素晴らしさゆえ。ちゃんと映画の重点をこのあたりに持ってきているところなど、監督の原作に対する理解の深さもうかがえます。

日本映画の総力を結集したようなこの映画。これが成功しなかったら日本映画はどうすればいいのでしょう。
ヒットしますように!

101/2013

#581

|

« 清須会議 | トップページ | ハンガー・ゲーム2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/58841532

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠の0:

» 永遠の0 2Hドラマ(中身60分)で良かったかな。 [No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.]
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでええのん?」っと言われながら)購入し、などなど次世代育成モードな我が夫婦は、この映画を観た。 (ちなみに、この映画が「よかった、感動した...... [続きを読む]

受信: 2014/01/07 11:20

» 「永遠の0」 [ここなつ映画レビュー]
次男がこの作品を観たいと切望した時、原作未読の私は、戦争を美化した話だったら嫌だな、と思ってなかなかうん、と言えませんでした。 戦争は、怖い。でも戦闘機はカッコいい。単純な小学生男子の発想。特に戦闘物が好きな次男にしてみれば、ゼロ戦が戦闘する所、見たい!戦艦が爆撃される所見たい!となって当然な訳で。 怖い。でも好き。というアンビバレンツな感情に折り合いを付けられる程大人ではないし、私にとってはまだ生々しい(末っ子の父から生まれた末っ子なので伯父は南方で戦死しています)太平洋戦争を題材とした映... [続きを読む]

受信: 2014/01/07 17:20

« 清須会議 | トップページ | ハンガー・ゲーム2 »