« キャリー (2013) | トップページ | メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー »

2013/12/01

悪の法則

C 『ノーカントリー』の原作者が映画脚本初挑戦。

物語としての起承転結を重視せず、犯罪者を通じて人の中にある『悪』の本質を描こうとするその内容は、アカデミー賞を受賞した『ノーカントリー』と同様です。だから犯罪映画としてみるとかなりの異色作です。物語上あるべきクライマックスがなく、主要な登場人物があっさりと死んでいく。描かれているのは犯罪の物語ではなく、あくまでも犯罪者の中にある『悪』なのだ。

それはそれでよいと思うのだけれども、問題はその描き方なのだ。
饒舌なまでに自らの悪の哲学を語りまくる登場人物たち。その様は自己陶酔的で説教じみていて、だんだん鼻についてくる。ひたすらセリフでその哲学を語らせようとするのは、小説ならともかく、映画においては工夫が無さすぎるのではないだろうか。映画なのだから、セリフだけではなく、目に見える何か、耳に聞こえる何かも駆使して『悪』を感じさせて欲しかった。

そんな映画であるからして、『映像の魔術師』リドリー・スコットの持ち味は全く生かせず。リドリー・スコットが監督する意義は全く感じられず。いつも楽しみなリドリー・スコットの新作がこれでは本当に残念だ。

こういう映画があってもいいが、もっと別の監督でいいじゃないか。

92/2013

#572

|

« キャリー (2013) | トップページ | メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/58679533

この記事へのトラックバック一覧です: 悪の法則:

« キャリー (2013) | トップページ | メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー »