« 人類資金 | トップページ | 2ガンズ »

2013/11/06

42~世界を変えた男~

42 最高のプレイヤーであると同時に、最高の紳士でなければならない。

主人公が選んだその境遇は、球団GMの庇護があるとはいえあまりに過酷だ。その様を刻々と描き出すこの映画は、観ていて本当につらくなる。たった70年ほど前のアメリカが(そして世界が)このようなところであったというのはとても恐ろしい。

そして、彼と彼を憎むアメリカの人々に救いをもたらすもの。それは『野球』だ。
アメリカ人が共有する夢であり、最も美しいもの。アメリカ人の最も醜い部分と最も美しい部分の戦いは、幸いなことに美しい部分が勝利した。その勝利は単なる始めの一歩であり、いまでもその戦いは続いているのかもしれないけれど。

野球を題材としたアメリカ映画は、どの映画も野球への愛に満ちあふれている。そして愛のある映画に駄作はない。重苦しい描写が続くだけにより一層、最後に皆を一つにする野球の素晴らしさが印象に残る傑作です。

87/2013

#566

|

« 人類資金 | トップページ | 2ガンズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/58527529

この記事へのトラックバック一覧です: 42~世界を変えた男~:

« 人類資金 | トップページ | 2ガンズ »