« 四十九日のレシピ | トップページ | 悪の法則 »

2013/11/30

キャリー (2013)

C_2 全てが順当にグレードアップしています。

映像はキレイだし、特撮も自然でゴージャス。ラストのカタストロフィもスケールアップしています。ジュリアン・ムーアの怖いお母さんも絶品です。
クロエ・グレース・モレッツはどこからどう見ても美人です。キャリーを演じるには美人過ぎるきらいもありますが、主演女優が美人で悪いことなどあるわけがありません。

でもトータルで見ると、前作にあった何かが本作には無いような気がします。
哀しみ?怒り?絶望?怨念?
キャリーが長い間貯め込んだどろどろしたもの。一気に解き放たれたその情念。
映画としてのクオリティの範囲内ではとらえきれない何者か。

だから映画は難しくて、そして面白いのでしょう。

91/2013

#570

|

« 四十九日のレシピ | トップページ | 悪の法則 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/58671872

この記事へのトラックバック一覧です: キャリー (2013):

« 四十九日のレシピ | トップページ | 悪の法則 »