« ランナウェイ/逃亡者 | トップページ | ゴースト・エージェント/R.I.P.D. »

2013/10/20

ダイアナ

D 伝記映画だとか、ダイアナの死の真相に迫る映画だとか。そういうものを期待すると全くの期待はずれとなることでしょう。

この映画で描かれているのは、単なる一つの恋愛です。
客観的に見れば、最初から終わることが運命づけられていたもの。もしかしたら、始まってはいけなかったもの。

しかし、だからといってそれに価値がないわけではないでしょう。終わるから始まってはいけないわけではないでしょう。その価値は二人だけもの。この映画は、一瞬だけ確かに存在した、二人の短い二年間を描いた映画です。
そういう意味では、『マリリン 7日間の恋』と同じテーマの映画です。ただし、自らの意思ではなく終えることとなってしまったこちらの方が、遙かに悲しい映画ではありますが。

ダイアナを演じたナオミ・ワッツがひたすらによいです。そこに描き出される彼女のさまざまな感情。それは本当に、ダイアナという一人の恋する女性が存在したことを実感させてくれます。
この映画のおかげで、きっとナオミ・ワッツのファンが増えることでしょう。

84/2013

#563

|

« ランナウェイ/逃亡者 | トップページ | ゴースト・エージェント/R.I.P.D. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/58419460

この記事へのトラックバック一覧です: ダイアナ:

» ダイアナ 英国王室って自由なのね~ [No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.]
【58うち今年の試写会6】1997年8月31日(日)、どこだったか忘れたけど佐川急便の配送所で取引業者のアウトレット市が開催されていて、友達と買い物に行き、ビラボンのセミドライスーツを超破格値(確か5000円)で購入できて、ルンルンで帰ってきたら、ダイアナ妃が事故死したと知った。  1995年、ダイアナ(ナオミ・ワッツ)が夫のチャールズ皇太子と別居してからすでに3年の月日が過ぎよう...... [続きを読む]

受信: 2013/10/23 09:22

« ランナウェイ/逃亡者 | トップページ | ゴースト・エージェント/R.I.P.D. »