« 許されざる者(2013) | トップページ | そして父になる »

2013/10/06

エリジウム

E なかなか名前を覚えてもらえない監督というのがいる。
この映画のニール・ブロムカンプ監督もその一人。世間は彼を『「第9地区」の監督』と呼ぶ。

デビュー作『第9地区』でいきなり大きな評価を受けたブロムカンプ監督。2作目となる本作では、前作の4倍近い巨額の予算と、マット・デイモン、ジョディ・フォスターというハリウッドの大スターを手にしました。しかしそんな状況に浮かれることなく、己の創りたい映画を追求してきたところが立派です。

混沌とした近未来。技術は高度に発達したものの、差別や格差が色濃く存在し人々を苦しめている。そんな『第9地区』とも共通する本作の世界観は、南アフリカ出身というブロムカンプ監督の内から生まれ出たものなのでしょう。そしてそんな社会的な問題を決して前面に打ち出すことなく、あくまでもSF映画として表現していこうというあり方にも好感が持てます。

SFガジェット満載で娯楽性は高いけれども、スペース・オペラとはひと味違った重さや苦さをもつブロムカンプ監督のSF世界。それは20世紀のちょっと懐かしいSF世界を思わせます。これからも注目していきたい監督です。

76/2013

#555

|

« 許されざる者(2013) | トップページ | そして父になる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/58330940

この記事へのトラックバック一覧です: エリジウム:

» 『エリジウム』 本当はどちらの味方? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  これはマット・デイモンが取り組むべき映画だ。 --- プロデューサーに会い、この映画の話を聞いた瞬間に「やりたい!」って思ったんだ。「この映画に関わるにはどうすればいい?」って感じだ。 ---  映画『エリジウム』の主演をオファーされたときのことを、マット・デイモンはこう語る。  観客もまた、マット・デイモンこそが本作の主演に相応しいと思うだろう。いま現...... [続きを読む]

受信: 2013/10/11 07:45

« 許されざる者(2013) | トップページ | そして父になる »