« ウォーム・ボディーズ | トップページ | パッション »

2013/10/06

謝罪の王様

Sya よくも悪くも、いつもの宮藤官九郎脚本映画である。

少年メリケンサック』の時も、『なくもんか』の時もまったく同じ感想だったけれども、仕方がないのでまた同じ感想を書こう。

「細部は面白いけれども、全体としてみると盛り上がりに欠ける。」

オムニバス形式っぽいこの映画では、ついに開き直って全体を捨てて細部のみに注力しているのかと思ったけれども、主人公黒島の過去にまつわるエピソードや典子親子のエピソードのように、全体を通してのドラマもある。どちらも丁寧に伏線が張られているし、よく考えられているけれども、残念ながらそれらが感動や驚きを感じさせるところまでは行かない。結果として、テンポが落ちて映画の後半が重たくなってしまっただけという印象だ。

さらに本作では、阿部サダヲと井上真央との相性もよろしくない。
阿部サダヲは基本的に『ボケ』であり、誰かに小突き回される姿が似合う男である。
しかし本作では、相方である井上真央にも『ボケ』要素を振り分けているため、阿部・井上双方がお互いにボケつつ突っ込んでいるという、なんとも中途半端な状況となってしまっている。

一番印象に残ったのは、岡田将生のいつもとは全く異なるバカっぷり。
あれはすごかった。

80/2013

#559

|

« ウォーム・ボディーズ | トップページ | パッション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/58333656

この記事へのトラックバック一覧です: 謝罪の王様:

» 「謝罪の王様」 [ここなつ映画レビュー]
今思い出しても笑っちゃう程面白かった「謝罪の王様」。謝罪の行為そのものだけでなく、謝罪する側、される側、それをはたで見ている側の心理にまで突っ込んだ所が面白い。謝罪が産み出す波状効果もよくできている。 思えば日常で、どれだけ謝罪の言葉を口にする事だろうか。この場合の日常とはほぼ殆どが職場なのだけれど。電話で、メールで。実際にはもう既に形骸化しているのかもしれない謝罪の言葉。それは「謝っときゃいいんでしょ」という意味ではなく、何というか、季語や枕詞のような。 裏を返せば、本当に心の底か... [続きを読む]

受信: 2013/10/07 16:29

« ウォーム・ボディーズ | トップページ | パッション »