« ホワイトハウス・ダウン | トップページ | スマイル、アゲイン »

2013/08/31

スター・トレック イントゥ・ダークネス

St2 J・J・エイブラムス版スター・トレックの面白さとは、どこから来るのだろうか。

それはきっと、カークとスポックを中心とした若きクルー達の、青春ドラマとしての面白さなのではないだろうか。

大規模な艦隊戦があるわけでもなし、複雑なストーリー展開があるわけでもなし。SF映画としてみれば、そんなに強い魅力があるわけでもない。それでも面白く観れてしまうのは、若者たちが協力しながら困難を乗り越えていく様子を、はつらつとしたキャラクターの魅力を全面に押し出しながら、ユーモアを交えてテンポ良く描いているからだろう。

まるで007シリーズのように、冒頭からいきなりクライマックスで始まるこの作品。とにかく次から次に押し寄せる困難を、次から次に乗り越えていくカークたち。映画としてみれば単純でシンプルな造りだと思うのですが、そんなシンプルなものをシンプルなまま面白く仕上げていくことに長けているのが、エイブラムス監督なのだと思います。

子どもの頃に観た、単純だけれどもワクワクする映画たち。魅力的なキャラクターの冒険が、いつまでも続いていく。あの頃の映画の魅力を今でもその内側に宿しているような。観ていてそんな気がしてくるのが、エイブラムス監督のスタートレックなのです。

67/2013

#545



|

« ホワイトハウス・ダウン | トップページ | スマイル、アゲイン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/58100373

この記事へのトラックバック一覧です: スター・トレック イントゥ・ダークネス:

» スター・トレック イントゥ・ダークネス 壊れたらとりあえず蹴ってみる [No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.]
【46 うち今年の試写会5】 J・J・エイブラムス版スター・トレックの2作目、前作に続いて本作でも、熱烈なトレッキーにとっても、スタートレック初心者にとっても、ほぼ満点のスペクタクル満載の仕上がりにな...... [続きを読む]

受信: 2013/09/10 14:06

« ホワイトハウス・ダウン | トップページ | スマイル、アゲイン »