« ローン・レンジャー | トップページ | パシフィック・リム »

2013/08/12

ワールド・ウォーZ

Wwz 『恐怖』というものは、基本的に個人的な感情である。

だから多くの恐怖映画は、個人の目を通して、その個人が感じる恐怖を描写していくのが一般的である。この映画の原作小説は、ゾンビが人間を襲うという出来事を、恐怖体験ではなく地球を襲った災害として、個人の恐怖感情を極力排したマクロな視点で描いていた点に独特の面白さがあった。

そのままでは映画にならないのでブラッド・ピットという主人公を立て、彼とその家族を中心にドラマを組み立ててはいるが、既存の恐怖映画的直接描写を最低限に抑え、個人の恐怖からは一歩離れて、種族としての人類が滅びていく恐怖を感じさせようという製作意図は、原作の持ち味を生かすという意味でも成功していたと思う。

軍団を軍団で迎え撃つ、壮大なシーンが皆無だったのは残念だったけれども、それは早くもアナウンスされている続編のお楽しみとしておきましょう。
ゴア・グロ描写に頼らなくても、恐ろしい映画は創れる。G指定が誇らしい、ゾンビ映画の佳作です。

62/2013

#540

|

« ローン・レンジャー | トップページ | パシフィック・リム »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57978562

この記事へのトラックバック一覧です: ワールド・ウォーZ:

» 映画:ワールド・ウォーZ World War Z ネタバレ注、と書かざるえない、その演出手法自体に怒り大炸裂(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
NYで何か1本は映画は観ておこうということで、公開直後のこれをチョイス。 予告編の印象だと、地球規模にスケールでかそうだし、主演のブラピも良さげ。 そんなレベルでほとんど予備知識なし、で鑑賞するのってタノシイのだ。 ところが.... (次からネタバレ。20...... [続きを読む]

受信: 2013/08/14 03:33

» ワールド・ウォー Z 起転承転転転結転、さすがゾンビ・・・ [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=40 うち今年の試写会5】 出勤前に波乗りするにはちょうどいい潮回りなのに、肝心の波がな〜〜〜いっ(T.T) で、この映画、観るべき映画かどうかすごく迷った映画、妻は最近のブラピの映画には裏切られまくっているから観たくないって言ってたし。 しかしたまたま空いた...... [続きを読む]

受信: 2013/08/14 09:10

» 『ワールド・ウォーZ』 ラストはもう一つあった [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『ワールド・ウォーZ』を日本で公開するに当たり、配給会社はZとは何かを明かさずに宣伝した。  ポスターでも予告編でもZに触れず、ブラッド・ピットと逃げ惑う人々だけを見せるよ...... [続きを読む]

受信: 2013/08/17 13:06

« ローン・レンジャー | トップページ | パシフィック・リム »