« 少年H | トップページ | ホワイトハウス・ダウン »

2013/08/14

トゥ・ザ・ワンダー

Tw テレンス・マリック監督。とても首尾一貫した監督である。

前作『ツリー・オブ・ライフ』とは全く趣の異なる映画だけれども、結局のところその内容は同じだ。

『内なる声』『内なる神』そして『内なる敵』

この映画の登場人物間の会話は、ほとんど観客には伝えられない。観客が向き合うのは、たくさんのモノローグである。たくさんの疑問、後悔、混乱、そして祈り。

この映画は愛憎の物語だ。愛が苦しみであり、そして愛が希望である。
とても宗教的ではあるけれど、そこにある葛藤は、宗教の枠を超えた普遍性がある。
どんなに求めても、求めるものは得られない。得ることではなくて、求めることが重要なのか。
ここで描かれている愛憎は、結局のところ監督が『彼』に対して抱く愛憎なのだ。

とても独りよがりだし、人によっては多分退屈すれすれの映画であろう。でも、その欠点を補ってあまりあるのが、細心の注意で創り上げられた壮大な映像美と音楽、音響の素晴らしさだ。映像体験としては超一級である。
映画館の大画面、大音響の中で、この監督の自問自答に浸ってみるのも一興である。

65/2013

#543

|

« 少年H | トップページ | ホワイトハウス・ダウン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57991282

この記事へのトラックバック一覧です: トゥ・ザ・ワンダー:

« 少年H | トップページ | ホワイトハウス・ダウン »