« パシフィック・リム | トップページ | トゥ・ザ・ワンダー »

2013/08/14

少年H

Sh 一見した印象は『三丁目の夕日』を思わせるが、映画のとしてのテイストは大きく異なる。それは、この映画の一家の行く末には戦争が待っているからだ。

水谷豊という俳優は、どんな役を演じているときでも大体同じだ。この映画の父親も、だからいつもの水谷豊なのだが、それがなかなかはまっている。皆が内心に不安を抱えながらも、その不安を表に出せない時代。皆が何かを隠している時代。そんな中で父親は、息子に誠実に物事を説明する。体制におもねるのではなく、かといって声高に正義を主張するわけでもなく。ありのままの姿と、生き抜く工夫を。そんなどこかさめた父親の姿は、水谷豊にぴったりの役柄である。

この映画で印象的なのは、この父子の会話である。少年Hはたくさんの問いかけを投げかけ、父はその問いから逃げず正面から向き合う。人生にはたくさんの疑問があり、その回答は決して一つではない。そして、そもそも答えがあると保証されているわけでもない。この映画を観る大人たちは、少年Hの問いかけにどれだけ答えることができただろうか。

64/2013

#542

|

« パシフィック・リム | トップページ | トゥ・ザ・ワンダー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57991169

この記事へのトラックバック一覧です: 少年H:

» 少年H あの戦争は何だったんだ! [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=41 うち今年の試写会5】 だんだん夜明けが遅くなってきて、出勤前にサーフィンが出来るのもあと僅かな感じの貴重な日々なのに、でも肝心の波がないのだ・・・  昭和初期の神戸。洋服仕立て職人の父・盛夫(水谷豊)とキリスト教徒の母・敏子(伊藤蘭)の間に生まれた...... [続きを読む]

受信: 2013/08/21 11:40

» 『少年H』『麦子さんと』『グッモーエビアン!』『ザ・コール [緊急通報指令室]』 ムービープラス・アワード2013 [映画のブログ]
 ムービープラスが実施しているムービープラス・アワード 2013。  その4部門に投票したので、内容を紹介する。  今年は男優賞、女優賞が一部門の俳優賞にまとめられ、その代わり作品賞が洋画、邦画に分けられた。  投票に当たっては、例によって当ブログで未紹介の作品であることを心掛けた。  すなわち、取り上げたい作品であったにもかかわらず、ブログ記事をまとめるには至らなかったことを、...... [続きを読む]

受信: 2014/01/10 00:42

« パシフィック・リム | トップページ | トゥ・ザ・ワンダー »