« さよなら渓谷 | トップページ | 欲望のバージニア »

2013/07/07

ファインド・アウト

Fo 「起こったのか、起こらなかったのか」

映画をよく観る人間の悲しい性です。伏線とミスリードを想定しながら、どうやったら一番びっくりするようなストーリーになるのだろうか。パターン1、パターン2、パターン3。こういう映画は、そんなことばかり考えながら映画を観てしまいます。

そういう観点からいえば、ごくスタンダードな筋書きだったと思います。起こるべき事はちゃんと起こって、つくべき決着はちゃんとつく。意表を突かれないと何となく物足りない気がしてしまいますが、それもまた悲しい性なのでしょう。

アマンダ・セイフライドが精神的に不安定な主人公を熱演。とても自分勝手で思いこみの激しいその姿が、ある意味一番のミスリードとして機能していましたし、またその人物像が、最後の過激な決着にも説得力をもたらしていたと思います。

監督はブラジル出身で本作がハリウッドデビューとか。映像は全体的に陰影が強く、よい雰囲気でした。

54/2013

#532

|

« さよなら渓谷 | トップページ | 欲望のバージニア »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57741919

この記事へのトラックバック一覧です: ファインド・アウト:

« さよなら渓谷 | トップページ | 欲望のバージニア »