« リアル~完全なる首長竜の日~ | トップページ | エンド・オブ・ホワイトハウス »

2013/06/10

オブリビオン

Ob 最先端の美麗なCG映像で描かれているけれども、その内容はとても古典的なSFです。

古典的であるがゆえに、物語はシンプルでそれほど意外性はありませんが、静謐な終末世界には、そんなシンプルなストーリーがよく似合っています。まるで小説を読むかのような、ゆったりとした、静かな語り口。スペース・オペラではない、本物のSFの末裔が、たしかにここに存在します。

この映画内に配置されている様々な仕掛け。それは、ありきたりと片付けてしまうにはあまりに確信的で、そして明示的です。それはもしかしたら、作り手が感じているノスタルジーであり、リスペクトなのかもしれません。「やっぱりSFはいいなぁ」と、しみじみと感動できる映画だと思います。

トム・クルーズが出突っ張りでよい演技をしているけれど、やはり一番おいしいところを持っていったのはモーガン・フリーマンでしたね。

46/2013

#524

|

« リアル~完全なる首長竜の日~ | トップページ | エンド・オブ・ホワイトハウス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57559888

この記事へのトラックバック一覧です: オブリビオン:

» オブリビオン [Some Like It Hot]
■「オブリビオン/Oblivion」(2013年・アメリカ) 監督=ジョセフ・コシンスキー 主演=トム・クルーズ オルガ・キュリレンコ モーガン・フリーマン 「エイリアン」シリーズとトム・クルーズが嫌いと公言しているくせに・・・どちらもついつい劇場で観るんだよね、...... [続きを読む]

受信: 2013/06/15 15:15

« リアル~完全なる首長竜の日~ | トップページ | エンド・オブ・ホワイトハウス »