« 二流小説家 シリアリスト | トップページ | G.I.ジョー バック2リベンジ »

2013/06/22

アフター・アース

Ae 予告編を観て感じていたイヤな予感が完全に的中。

観てそのまんま。ソニーお抱えの大スター、ウィル・スミスが原案を書き上げ、その持てる権力を最大限に使って創り上げた、かわいい息子の成長物語。自らも父親役で出演し、ほぼ全編に渡ってこの父子しかでてこない。そんなウィル・スミスのファミリー・ナルシズム映画。

息子が正直それほど魅力的な俳優でないことに加えて、ストーリーもなんの変哲もなく、少年が恐怖を乗り越えて成長するというだけのもの。1000年後の地球を舞台にする必然性さえ感じられない工夫のなさ。観る理由がほとんどありません。

唯一の希望だったシャマラン監督も今回は完全に不発。というより彼が監督する必要性が全くありません。でも、それは薄々わかっていたんです。ポスターにも予告編にも、全くでてこない監督の名前。昔は客を呼べる監督だったシャマラン監督のなれの果てです。

貴重なオリジナル脚本で映画を創れるシャマラン監督。でも、いつも『シックス・センス』が撮れるわけではありません。そんなに悪くないのにいつも期待はずれといわれ、ディズニー、ワーナー、フォックスと放浪の旅。パラマウントではついに初の原作物を手がけましたが、それが悪夢の『エア・ベンダー』。ソニーに拾われ、ついにはどうでもいいようなお仕事監督。ああ、不憫なシャマラン監督。でも、わたしは復活の日を信じていますよ。

49/2013

#527

|

« 二流小説家 シリアリスト | トップページ | G.I.ジョー バック2リベンジ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

イマイチなんすか(;゚Д゚)!

期待してたのにな~

投稿: ジョニー・タピア | 2013/06/23 06:50

ウィル・スミスのファンだったら普通に楽しめるんだと思います。
ただシャマラン監督に何かを期待するような人には、楽しさを見いだすのは難しいでしょうか。

投稿: starless | 2013/06/23 08:48

こんにちは。

これはもう息子のためにウィル・スミスが作り上げた作品でしたね。親子ならではの息子への期待と心配はよくあらわされていたと思います。その気持ちの一つには演技上のものだけではなく、これでスターになるのだ!というのも込められていたと思います。(^^;

シャマラン監督というのは、実は私は後になって気づきました。(- -;;
折角の地球を舞台にした物語でしたが、何で地球?というものとか、ストーリーも先が読めるところが多かったですね。

まぁ、それでも別世界での冒険という事で、私は楽しめました。でもウィルにはもっと活躍してほしかったですねぇ。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせて頂きました。

投稿: 白くじら | 2013/08/16 11:15

この息子さん、父親がらみの映画ばかりというのが気になります。きっかけはともかく、早く自分の魅力で仕事をつかんでいかないと、永遠にスターにはなれないと思うのですが…

投稿: starless | 2013/08/17 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57645699

この記事へのトラックバック一覧です: アフター・アース:

» アフター・アース [MOVIE-DIC]
わがまま息子の成長活劇。 公開年2013年After Earth制作国アメリカ監督M・ナイト・シャマラン原案ウィル・スミス制作ジェームズ・ラシター、ケイレブ・ピンケット、ウィル・スミス、ジェイダ・ピンケット=スミス制作総指揮M・ナイト・シャマラン、E・ベネット・ウォルシュ…... [続きを読む]

受信: 2013/08/16 11:07

« 二流小説家 シリアリスト | トップページ | G.I.ジョー バック2リベンジ »