« G.I.ジョー バック2リベンジ | トップページ | ハングオーバー!!! 最後の反省会 »

2013/06/29

華麗なるギャツビー

Gg 本作はミュージカルではありませんが、そのリッチで過剰な映像美に、まるでミュージカルを観ているかのような非現実感を覚えます。

SFXとはアクションやSFだけのためにあるのではない。この映画の映像はあらゆる部分が濃密に作り込まれています。その混沌とした美しい映像で描かれる、ギャツビーの謎めいた物語。そしてその物語の果てにあるものが、混沌とはかけ離れた、とてもピュアな心情であったところが印象に残りました。

ギャツビーが直面する現実。どんな代償を支払っても、時は止めることも、戻すことも出来ない。終盤の物語をまとめていく課程が現実的過ぎて、そこまでの描写ほど魅力的ではなかったのが残念なところですが、全体としてみれば見所の多い、よい作品だったと思います。

そしてさすがバズ・ラーマン監督。女優陣はみんなとてもキレイに撮れていました。主演女優のキャリー・マリガンは決してゴージャスな感じの美人ではありませんが、その影のある雰囲気が充分に生かされていて、とてもよかったと思います。

51/2013

#529

|

« G.I.ジョー バック2リベンジ | トップページ | ハングオーバー!!! 最後の反省会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57688823

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なるギャツビー:

« G.I.ジョー バック2リベンジ | トップページ | ハングオーバー!!! 最後の反省会 »