« オブリビオン | トップページ | 二流小説家 シリアリスト »

2013/06/15

エンド・オブ・ホワイトハウス

Of この映画の基本構造から連想するのは『ニューヨーク1997』です。

それゆえに、それなりに楽しめる映画になるのではないかという期待を抱いていたわけですが、それを上回る大きな不安もあった。それはこの映画の監督が、あの名作アクション小説『極大射程』を映画化して、とんでもない駄作として世に出した監督だったからです。

いざふたを開けてみると、それなりどころかかなり素晴らしい仕上がりとなっていました。
なんといってもミリタリー・アクション描写が見事です。北朝鮮テロリストの凶悪さ。スピーディーにホワイトハウスを掌握していく手際の良さ。全編に漂う緊張感がたまりません。

そんな敵陣真っ只中に一人乗り込むジェラルド・バトラー、かなりいいです。冒頭で丁寧に描かれた過去の挫折エピソードにより人物設定が丁寧になされているため、随所で描かれるキャラクター間のやり取りによって、激しいアクションシーンの邪魔にならない程度の、適切な人間ドラマ構築に成功しています。

メジャースタジオ製作の大作ではありませんが、アクション映画好きなら必ず観ておきたい充実作だと思います。

47/2013

#525

|

« オブリビオン | トップページ | 二流小説家 シリアリスト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57595608

この記事へのトラックバック一覧です: エンド・オブ・ホワイトハウス:

» 映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」観に行ってきました。タイトルが示す通り、アメリカのホワイトハウスを舞台に繰り広げられるアクション映画。作中では無差別銃撃などで人が血... [続きを読む]

受信: 2013/06/24 01:59

» エンド・オブ・ホワイトハウス そんなに簡単でいいのか!? [労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜]
【=36 うち今年の試写会5】 東京電力柏崎刈羽原発再稼働申請なんて、あり得ない! 原発停止に伴う火力発電の燃料費増加で悪化する収支の改善を図るのが狙いで、これを受け入れないと電気料金を値上げするぞと利用者を脅迫までしているし。 安全対策が順調に進んでいると...... [続きを読む]

受信: 2013/07/03 13:47

» 『エンド・オブ・ホワイトハウス』 これをやってはいけない [映画のブログ]
 優れた創作者には、現実に起きることを見通す力があるのだろうか。  月刊「創」の篠田編集長は、映画『さよなら渓谷』を観た驚きを同誌2013年7月号に綴っている。1998年に帝京大ラグビー部員が起こした事...... [続きを読む]

受信: 2013/07/26 23:40

« オブリビオン | トップページ | 二流小説家 シリアリスト »