« くちづけ | トップページ | バレット »

2013/06/01

イノセント・ガーデン

In 予告編から受ける印象通り、これは『悪い血』の物語であり少女版『ゴールデン・ボーイ』である。

本編を観るとわかるのだけれども、予告編が映画の内容を伝えすぎており興を削いでいる。映画の魅力を正しく伝えるのが予告編の仕事であるけれども、本作のようなシンプルな物語の場合は、特に加減が大切なのではないだろうか。

それでもこの映画は見応えがある。シナリオではなく、映像そのものを使ったギミックの数々。思わせぶりで暗示的なカットの積み重ね。登場人物の感情のゆらぎも、セリフではなく映像で表されていく。小説でも演劇でもない、映画の魅力はこういうものだと実感できる。

韓国のパク・チャヌク監督のハリウッドデビュー作だけれども、そんなことを一切感じさせない完全にワールドクラスの仕上がり。その美しい映像は、なるほど製作のリドリー・スコットのお眼鏡にかなうだけのことはあります。

43/2013

#521

|

« くちづけ | トップページ | バレット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57502072

この記事へのトラックバック一覧です: イノセント・ガーデン:

» 映画「イノセント・ガーデン」静謐な怖さと美しさ [soramove]
映画「イノセント・ガーデン」★★★☆ ミア・ワシコウスカ、ニコール・キッドマン、 マシュー・グード出演 パク・チャヌク監督、 99分、2013年5月31日より全国公開 2012,アメリカ,20世紀フォックス映画 (原題/原作:STOKER ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「俳優のウェントワース・ミラーが 自身の名を隠して執筆し... [続きを読む]

受信: 2013/07/15 19:15

« くちづけ | トップページ | バレット »