« L.A.ギャングストーリー | トップページ | 県庁おもてなし課 »

2013/05/18

フッテージ

Ft 「スランプに陥ったアルコール依存の作家の周辺で、奇怪な出来事が起こる」
こういう筋書きをきくと、映画を見慣れた人は「ははぁ、きっと『起こってない』んだろうな」と思うでしょう。

この映画は、この『起こってる』『起こってない』の引っ張り方がなかなか上手で、斜に構えて予想しつつも「もしかして」と緊張しながら楽しむことができました。

怪談話としての因果の付け方がとてもよく、映画全体に禍々しい雰囲気が漂っています。画面に現れる直接的な残酷シーンはほとんどないのですが、8ミリフィルムに映る情景の陰惨さのせいか、非常に重苦しい空気が全編を覆っています。効果音やBGMもイヤな空気を盛り上げています。

とにかく不吉な感じが最後まで途切れることなく、さらには後味も非常に悪いです。ゴア描写に頼ることのないホラー映画として、上出来の部類に入る作品だと思います。

38/2013

#516

|

« L.A.ギャングストーリー | トップページ | 県庁おもてなし課 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57410419

この記事へのトラックバック一覧です: フッテージ:

« L.A.ギャングストーリー | トップページ | 県庁おもてなし課 »