« 県庁おもてなし課 | トップページ | 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 »

2013/05/19

モネ・ゲーム

Gb コメディではあるけれど、ドタバタゲラゲラといった感じではなく、英国風なクスクス笑いが中心の映画です。

キャスティングで面白いのは、冷静な英国紳士役コリン・ファースがボケで脳天気なテキサスの田舎者役キャメロン・ディアスがつっこみだということ。俳優のキャラクター的にはどう見ても逆なんだけれども、まさに配役の妙。両者共にとても魅力的だったと思います。

特にキャメロン・ディアス。もう40歳を迎え、見た目はそれなりに年齢も感じさせるわけですが、それでも昔から変わらない天真爛漫な明るさ、陽気さ。それがこの歳になっても痛くも見えないし嫌みにも感じないのは、それがきっと彼女に生まれ備わった魅力だからなのでしょう。

今回の悪役はアラン・リックマン。彼も文字通り『身体を張った』演技で盛り上げてくれます。
派手さはありませんが、出演者がそれぞれ持ち味を生かしたよい映画です。

40/2013

#518

|

« 県庁おもてなし課 | トップページ | 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57415709

この記事へのトラックバック一覧です: モネ・ゲーム:

« 県庁おもてなし課 | トップページ | 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点 »