« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013/05/26

くちづけ

Photo まずは、全ての出演者に拍手を送りたい。

続きを読む "くちづけ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/19

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

T2 二作目にして、早くも『定番』の魅力に満ちあふれています。

続きを読む "探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

モネ・ゲーム

Gb コメディではあるけれど、ドタバタゲラゲラといった感じではなく、英国風なクスクス笑いが中心の映画です。

続きを読む "モネ・ゲーム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/18

県庁おもてなし課

Ko もとの原作は、セミドキュメンタリーとまではいいませんが、高知の観光についての説明的な部分がとても多い小説で、そのまま映画化したらテレビのビジネスニュースのようになってしまうような心配があった。

続きを読む "県庁おもてなし課"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フッテージ

Ft 「スランプに陥ったアルコール依存の作家の周辺で、奇怪な出来事が起こる」
こういう筋書きをきくと、映画を見慣れた人は「ははぁ、きっと『起こってない』んだろうな」と思うでしょう。

続きを読む "フッテージ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/15

L.A.ギャングストーリー

La この映画の監督は、低予算のB級映画『ゾンビランド』の監督。『ゾンビランド』が楽しかったのは、やっぱり監督のサービス精神の賜物だったのだと思うのです。

続きを読む "L.A.ギャングストーリー"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013/05/11

死霊のはらわた (2013)

Ed ホラー映画というのは、おおざっぱにわけてしまうと「超常現象型」と「殺人鬼型」にわかれるんだと思うのです。

続きを読む "死霊のはらわた (2013)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/07

ラストスタンド

Ls 当たり役が人間型サイボーグだったことが象徴するように、ハリソン・フォードやブルース・ウィリス、シルベスタ・スタローンなど同世代のアクションスターと比較してみると、シュワルツェネッガーの演技は表情に乏しく、人間味にかけるものだったと思う。

続きを読む "ラストスタンド"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2013/05/05

図書館戦争

Lw ①パラレルワールドを舞台としたディストピアSF
②ミリタリーアクション
③甘々な恋愛ドラマ

続きを読む "図書館戦争"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/03

アイアンマン3

Im3 トニー・スタークはエンジニアだ。自らが創り出した鋼鉄のスーツを外側にまとい、悪と戦う。

続きを読む "アイアンマン3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/02

スター・ウォーズ 『なぜオビ・ワンは、アナキンに勝てたのか?』

Vs_2 エビソード3の最後の戦い。最強のフォースの持ち主アナキンはオビ・ワンに敗れました。
あそこでアナキンが負けることはみんながわかっていましたが、それでも両者の実力差から言えば不自然な、そしてあっけない幕切れだったように思えます。

続きを読む "スター・ウォーズ 『なぜオビ・ワンは、アナキンに勝てたのか?』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »