« モネ・ゲーム | トップページ | くちづけ »

2013/05/19

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点

T2 二作目にして、早くも『定番』の魅力に満ちあふれています。

どこか昭和を感じさせる、ちょっとレトロな札幌の街。ニヒルを気取りながらもお人好しな探偵と、マイペースで物怖じしない相棒。依頼人はもちろん謎の美女。暴力シーンはあれど殺伐とした感じはなく。カーチェイスはあれどスリルよりは笑いを誘う。合間に挟まれる、ちょっと無意味なお色気シーン。基本はコミカルながらも最後の解決は人情話。

前作と何も変わっていないし、特に続編ならではのスケールアップもない(笑)。でも前作と同じように面白いし、何よりなんだか居心地のよい安心感がある。この映画の面白さを突き詰めていくと、出演者全員で大泉洋をいじる面白さなんだと思うのですが、それを受け止める彼のキャパシティーが素晴らしい。

大ヒットこそ望めないものの、ペイする程度にはヒットしているはず。ヒット作の少ない東映の貴重な資源として、今後も定期的なシリーズ化を望みたいものです。

41/2013

#519

|

« モネ・ゲーム | トップページ | くちづけ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57415832

この記事へのトラックバック一覧です: 探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点:

» 映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」観に行ってきました。作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を原作とする、北海道を舞台に繰り広げられるハードボイルド・ミステ... [続きを読む]

受信: 2013/05/23 22:25

« モネ・ゲーム | トップページ | くちづけ »