« ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ | トップページ | ジャッキー・コーガン »

2013/04/29

リンカーン

Lc もともと伝記といえば、トップに登り詰める課程を描く『サクセス・ストーリー』が主流だったような印象がある。

でも先日の『ヒッチコック』もそうだったけれど、この『リンカーン』も描かれているのはそのキャリアの後半部分。すでに得ているものをどう維持し、そしてのちに何を残すのか。そこにあるのは『サクセス・ストーリー』ではなく、一人の人間の晩年の物語だ。

スピルバーグ監督の映画には、どうしてもダイナミックで動きのあるものを期待してしまう。この映画も南北戦争が背景なだけに、スペクタクルな戦争シーンが含まれるものと思っていたけれど、開けてみればほとんどが室内劇。そのあたりの期待は大きく裏切られる。しかしどんなドラマでもサスペンスフルに引っ張る手腕は健在。一票をめぐるギリギリの攻防のテンションは高い。

しかしネルソン・マンデラを描いた『インビクタス』を観たときの思ったのだけれど、政治家のドラマは演じ手が優れていればいるほど、映画として素直に感動できない面を見せてくるように思える。この映画のリンカーンは、大統領という最高権力者の地位にありながらも、その毎日は綱渡りの連続だ。結果のためには過程は問わない。求められているのは、最も効率のよい説得だ。

相手からの問いかけに対して、正面からぶつかっているようでいて、巧みにそらし、回り込み、相手の一番弱いところを狙い、突く。見かけは感動的なフレーズだけれども、それは冷静に計算されていて、もっとも効果的に運用されている。それは、たとえ相手が家族であってもだ。

それでもダニエル・デイ=ルイスは、物言わず一人で佇むリンカーンの姿に、信念のためにはあらゆるものを犠牲にしなければいけない、そんな政治家の悲哀を込めることが出来ていたと思います。

31/2013

#509

|

« ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ | トップページ | ジャッキー・コーガン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57270152

この記事へのトラックバック一覧です: リンカーン:

» リンカーン / Lincoln [勝手に映画評]
アメリカで最も愛される大統領で、日本でも奴隷解放という歴史的偉業を成し遂げ、そして、アメリカ史上初めて暗殺された大統領として知られているエイブラハム・リンカーン。この映画では、奴隷解放を定めたアメリカ合衆国憲法修正第十三条の下院での可決に掛けた、リンカ...... [続きを読む]

受信: 2013/04/29 18:41

» リンカーン : 3度も受賞するだけのことはありますよねぇ [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 昨日は二日酔いで、ほぼ一日中寝込んでおりました。私のような年齢になると、深酒は禁物ですなぁ。反省です。ちなみに、本日紹介する作品は、歴史上の偉人を描いたこちらになり [続きを読む]

受信: 2013/05/04 11:15

« ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~ | トップページ | ジャッキー・コーガン »