« クラウド アトラス | トップページ | シュガー・ラッシュ »

2013/03/31

ザ・マスター

T0014603p フィリップ・シーモア・ホフマンとエイミー・アダムズつながりで、『ダウト ~あるカトリック学校で~』を思い出したけれど、内容もちょうどあんな感じだった。

強烈な個性の持ち主同士のぶつかり合い。それが迫真の演技で克明に描かれるのだけれども、ストーリー的にはあまり面白くない。ドラマ性は希薄で、引きつけられるような物語がない。

『ダウト』ではメリル・ストリープが出ていたけれども、本作のホアキン・フェニックスも圧巻だ。アルコール中毒の復員兵。観ていて怖くなるくらい普通じゃない。対するホフマンは相変わらずのいかがわしさ。『ダウト』では両雄の間でひたすらおろおろしていたアダムズも、本作ではしっかりと渡り合う。彼女の存在感がしっかりと増しているところがよい。

あえてテーマを求めるとすれば、それは二人の男の友情の物語といったところなのだろうか。
友達だけを、最後まで従えることができなかったのか。それとも、従えられなかったからこそ、友達でいられたのか。
感動を覚えるというよりは、ただただ見守るのみ。そんな映画です。

23/2013

#501


|

« クラウド アトラス | トップページ | シュガー・ラッシュ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/57077134

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・マスター:

» 映画「ザ・マスター」まさに演技賞の熱演、でもストーリーはもうひとつ [soramove]
映画「ザ・マスター 」★★★☆ フィリップ・シーモア・ホフマン、ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス、ローラ・ダーン 出演 ポール・トーマス・アンダーソン監督、 138分、2013年3月22日より全国公開 ファントム・フィルム (原題/原作:THE MASTER) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 本年度アカデミー賞の 主演男... [続きを読む]

受信: 2013/04/17 20:01

« クラウド アトラス | トップページ | シュガー・ラッシュ »