« 世界にひとつのプレイブック | トップページ | フライト »

2013/03/03

草原の椅子

So 育児放棄をした赤の他人の子どもを、ひょんなことから引き受けることとなった50歳のバツイチサラリーマン。子どもとの生活を通じて、彼は自分のこれまでの人生を見つめ直しはじめる…

といった感じの映画なのですが、育児放棄若夫婦の精神的に不安定なキャラクター設定がかなりのインパクト。特に母親役の小池栄子が凄まじい。もともとちょっと不安定な役を演じさせたら絶品な彼女ですが、本作での彼女は正にホラー級。あまりの迫力にここだけが映画の中で浮いてしまっている。というよりも、凄すぎて笑うしかない。

この彼女の熱演は、残念ながら映画にとっては逆にマイナス。映画として、ここが一番印象に残ってしまってはいけません。これは彼女が悪いのではなく、彼女に依存しすぎた過剰演出が悪い。使用方法を間違えられた小池栄子がかわいそうです。

そして本来のヒロイン役である吉瀬美智子。彼女に、この小池栄子のインパクトに打ち勝つだけのものがないのも痛い。CMや写真で見ると魅力的な女性に思えるのですが、この映画では表情もセリフ回しもなんだか平板で魅力に乏しい。長時間見続ける映画では、ただ普通に美人なだけではちょっと厳しい。

主演女優と脇役女優のバランスの悪さ。いくら佐藤浩市が準三枚目的な演技でがんばっても、ちょっととりかえせなかったでしょうか。

17/2013

#495



|

« 世界にひとつのプレイブック | トップページ | フライト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/56881823

この記事へのトラックバック一覧です: 草原の椅子:

» 「草原の椅子」:何の映画?謎の企画 [大江戸時夫の東京温度]
映画『草原の椅子』は、東映のプログラムの中でよくこんな企画が通ったよなって感じ。 [続きを読む]

受信: 2013/03/28 22:29

« 世界にひとつのプレイブック | トップページ | フライト »