« 東京家族 | トップページ | ダイ・ハード/ラスト・デイ »

2013/02/23

レッド・ライト

Lr 一言でいえば、話のバランスが悪い。

ロバート・デ・ニーロが謎の超能力者役ということで大いに期待させられた本作ですが、肝心のストーリーがいまひとつ。
各地で超能力ショーを繰り広げている超能力者が偽物か本物か?
これって映画でスリリングに追求しなければいけないほどのことなんでしょうか。別に誰かが迷惑しているわけではないし、国家の転覆を謀って暗躍しているX-Menに出てくる悪い超能力者でもない。ショーを開いてお金を稼いでいるだけ。何の実害も無いですよ。

これを物語の中心としているだけに、どんなに映画でサスペンスを盛り上げようとも、気持ちがついていきません。エンターテインメントなんだから放っておけばよいと思ってしまいます。
最後のどんでん返しで、『本物』まで持ち出して大げさに解決したところで、その壮大さと物語の小ささのギャップでしらけました…

13/2013

#491

|

« 東京家族 | トップページ | ダイ・ハード/ラスト・デイ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/56822368

この記事へのトラックバック一覧です: レッド・ライト:

» レッド・ライト : このオチは、好みが分かれるかな [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 「竹島の日」に反発して、韓国の600万人の自営業者が日本製品不買運動をするそうです。よくわからん国ですなぁ。見た目は韓国製でも、部品に日本製が使われている商品等はど [続きを読む]

受信: 2013/02/25 18:16

« 東京家族 | トップページ | ダイ・ハード/ラスト・デイ »