« ゼロ・ダーク・サーティ | トップページ | 草原の椅子 »

2013/02/24

世界にひとつのプレイブック

Pl 誰の責任でもなく、誰が悪いのでもない。
それでも人は、傷つき、壊れる。

誰もが壊れたくないし、壊れた自分を認めたくはない。
それでも周囲との関わりの中で、日々ぶつかり、また傷つき、また欠ける。

この映画の二人の様子を見る観客は、いらだちを覚えるかもしれない。
なぜそんなことがわからないのか。なぜもっと上手にできないのか。
描かれる人々が善良であるからこそなおさら、そのフラストレーションは募っていく。
でもそのいらだちは、二人こそが最も強く感じているいらだち。わかっていても、どうにもできない。

そんないらだち。そんなあきらめ。それらがずっと映画を覆っているからこそ。
実は気がついていたこと。報われてこなかった想い。ずっと見守ってきた家族の願い。
誰もいない夜の街角で、全てが一点に収束するそのラストシーンで。彼らとともに観客もまた、癒されていくのを実感することができるのだろう。

『ハング・オーバー』のブラッドリー・クーパーと『ハンガー・ゲーム』のジェニファー・ローレンスが繊細な役柄を熱演。特にジェニファー・ローレンスは、この映画をきっかけに、さらに多くの人々に愛されるようになるに違いない。
今後も『ハンガー・ゲーム』が代表作ではかわいそうだ。今年は大きなチャンス。よいニュースがきけますように。

16/2013

#494

|

« ゼロ・ダーク・サーティ | トップページ | 草原の椅子 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/56828824

この記事へのトラックバック一覧です: 世界にひとつのプレイブック:

» 映画「世界にひとつのプレイブック」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「世界にひとつのプレイブック」観に行ってきました。映画「ウィンターズ・ボーン」「ハンガー・ゲーム」で主演を担ったジェニファー・ローレンスが、第85回アカデミー賞その... [続きを読む]

受信: 2013/04/14 04:29

« ゼロ・ダーク・サーティ | トップページ | 草原の椅子 »