« Year 2012 | トップページ | LOOPER/ルーパー »

2013/01/21

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2

Bd2 終わりよければ、すべてよし。

新年からこんな感想もどうかと思いますが(もっともこの映画の公開は年末でしたが)、とても『終わった感』の強い、シリーズ物の最終作としては満足のいくものだったと思います。

ついに三角関係が収束して甘々な展開が解消した本作では、いよいよ妖怪最終決戦が勃発します。というか、無理矢理最終決戦を盛り上げようとするあまり、結構いい加減な展開だったりもします。最終決戦とはいいながらも、全てを『夢落ち』で片付けてしまったことに失望した人も多かったでしょう。アクション映画、吸血鬼映画としてみれば、そんなに出来はよくなかったかもしれません。

でも、私はあれでよかったのだと思います。
最終決戦の壮絶なバトルを見せつつも『誰も殺さない』。ここがポイントだと思うのです。
かったるい展開も多かったこのシリーズですが、なんだかんだいって観てしまったのは、敵味方ともに魅力あるキャラクターがそろっていたからだと思うのです。
だから主要キャラクターが全員無事にエンディングを迎えて、やれやれやっと終わったなぁと、ほのぼのとした気持ちになるのもいいではないですか。

エンドタイトルで過去全シリーズのキャラクターが映像付きで紹介されるところも、そんな気持ちに拍車をかけます(中には死んじゃったキャラクターもいますが)。
吸血鬼だって人狼だって、幸せに暮らせるならそれに越したことはないですよね。

1/2013

#479

|

« Year 2012 | トップページ | LOOPER/ルーパー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/56594169

この記事へのトラックバック一覧です: トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2:

« Year 2012 | トップページ | LOOPER/ルーパー »