« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q | トップページ | 007/スカイフォール »

2012/12/02

人生の特等席

Tc 主演俳優の持ち味をそのまんま素朴に出しただけという感じが、なんだか高倉健の『あなたへ』を思い出させます。

でも、『あなた』へと違ってこっちは物語がちゃんと練られています。予定調和的ではありますが、オリジナルタイトルに引っかけたオチがつくところまで、起承転結がしっかりとつけられています。

またこの映画は、一人旅ではなく二人旅だというところに暖かみを感じさせます。クリント・イーストウッドだけでなく、娘役のエイミー・アダムスもとてもよいのです。
また物語の背景が『野球』だというところも、この映画の大きな魅力でしょう。
アメリカの人は、ほんとうに野球が好きですよね。野球を扱ったアメリカ映画は、なんだかすごくエモーショナルで、だから面白いものも多いような気がします。

『感動作』を期待しすぎると外してしまうかもしれませんが、笑いあり、涙あり、そこそこ、しっかり楽しませてくれる映画です。いつも通りのクリント・イーストウッドでなんの意外性もありませんが、たまには観たくなりますよね。あの苦虫を噛みつぶしたようなしかめっ面を。

76/2012

#472



|

« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q | トップページ | 007/スカイフォール »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/56240021

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の特等席:

» 『人生の特等席』 なぜイーストウッドが監督しないのか? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】   映画に反論するには映画をもって、ということだろうか。  野球を題材にしながら、選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)にスポットを当てた映画として『マネーボール』はたいそう...... [続きを読む]

受信: 2013/04/26 06:43

« ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q | トップページ | 007/スカイフォール »