« グッモーエビアン! | トップページ | Year 2012 »

2012/12/30

レ・ミゼラブル

Lm 「ミュージカルじゃなければいいのになぁ」
この出演者でこの監督で。いくらミュージカル映画が苦手でも無視はできません。

ミュージカル映画で苦手なところというと、『歌で感情表現』という部分ともうひとつ、ダンスのシーンなどに顕著なのですが、まるで観客席が存在するかのような『舞台的』な表現があります。そこだけまったく別の世界になってしまったようで、映画の流れが阻害されているような感じがするのです。

この映画には、ダンスシーンはありません。なので、カメラワークは映画そのもののダイナミックさです。音を消してしまったらミュージカルとは気がつかないかもしれません。作り込まれた迫力の映像を堪能できます。
もちろん、ダンスはありませんが歌はあります。セリフはほぼ100%歌です。
そして不思議なことに、セリフが歌であること、これにはすぐに慣れてしまうのです。

セリフが歌であることの違和感よりも、出演者たちが気合いをいれて歌っていることの説得力、そっちのほうが勝ってしまうのでしょうか。とにかく皆が大熱演。人が歌っている姿がもつ根源的な魅力。なんだか観ているうちに、じわじわと感動が高まってくるのです。
特に素晴らしいのが、アン・ハサウェイが歌い上げる絶望感。あれこそまさに『絶唱』と呼ぶべきでしょう。

『愛することは、神様の近くにいることだ』
シンプルな物語が伝えてくる、そんなストレートなメッセージ。それがこんなにも強くひびいてくるのも、出演者たちのがんばりがあってのことでしょう。そのがんばりが、『歌』という人の基本的な表現を通じて、観客にダイレクトに届くのです。
オリジナルのミュージカルをどれだけ映画化できているのかは私にはわかりませんが、少なくとも、一本の映画として素晴らしく魅力的であることは間違いありません。

ミュージカルが好きであろうが嫌いであろうが。映画が好きなら、とりあえずは観ておいて損のない作品です。

83/2012

#478

|

« グッモーエビアン! | トップページ | Year 2012 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/56427992

この記事へのトラックバック一覧です: レ・ミゼラブル:

» レ・ミゼラブル : 我慢の先に感動があった…。 [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 週に一度の休日の朝を迎えました。ここ広島は、なかなか気持ちの良い朝ですよ。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 レ・ミゼラブル 【製作年】 2012年 [続きを読む]

受信: 2013/02/20 09:43

« グッモーエビアン! | トップページ | Year 2012 »