« エクスペンダブルズ2 | トップページ | アルゴ »

2012/11/10

終の信託

Ts 『尊厳死』をめぐる、ちょっと硬派なドラマといった印象の映画です。

でも実際に映画を観てみると、尊厳死を中心にすえながらも、あくまでもストーリーの中心はラヴ・ストーリーなのだと感じました。
それはそれで見応えはありました。役所広司の控えめな好意も、草刈民代の不器用な慕情も、浅野忠信の下衆男っぷりも。
でも、ラヴ・ストーリーとしての盛り上がりがピークを迎えたのかどうかわからないうちに、物語は終盤の社会派問題提起シーンに移ります。

この最後の部分。取調室での草刈民代と大沢たかおの迫真のやり取り。この映画にとっての、この部分の意義がよくわからないのです。
両者の間で、確かに尊厳死の矛盾点を浮き彫りにするセリフが飛び交いますが、同じ事は、ここまでの役所広司と草刈民代のやり取りで十分に観客に伝わっていますよね。
改めて、長い時間をかけて、もう一度繰り返す必要があったのでしょうか。
愛する人の命を自らの手で奪った、あの病院のシーンで十分ではなかったでしょうか。

この映画がラヴ・ストーリーであるならば、あの病院での臨終シーンを映画のピークに持ってくるべきだったと思うのです。尊厳死についても、それで十分に描けたはずだと思うのです。
付け加えられた取調室のシーンは、映画のクライマックスとしての機能を果たせていません。検察官に一方的に言い負かされて、逮捕されて終わりです。
そして、クライマックスのない映画ほど、締まらないものはありません。

69/2012

#465

|

« エクスペンダブルズ2 | トップページ | アルゴ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/56082511

この記事へのトラックバック一覧です: 終の信託:

» 『終の信託』 作文には書けないもの [映画のブログ]
 さすがは周防正行監督だ。『終(つい)の信託』は144分もの長さがありながら、名人芸ともいえるショットの積み重ねで、一瞬の無駄もない。  いや、一瞬の無駄もなく切り詰めに切り詰めたからこそ、この緊迫...... [続きを読む]

受信: 2012/11/25 22:34

» 終の信託 : さあ、家族会議だ! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 最近、オカラを大量に購入しました。目的は、ダイエットのためです。でも、なかなか落ちないですねぇ。では、本日紹介する作品は、私の体重と一緒で重たいテーマのこちらになり [続きを読む]

受信: 2012/11/28 10:51

« エクスペンダブルズ2 | トップページ | アルゴ »