« のぼうの城 | トップページ | リンカーン/秘密の書 »

2012/11/11

北のカナリアたち

Fyu 『原作』ではなく『原案』。
別物に思えるほど脚色しながらも、そこにあるのはまぎれもなく原作の世界。
本当に原作の良さを理解しつくしているから、ここまで大胆な改変ができたのだろう。

湊かなえの小説は、人のこころの死角を描いていく。
記憶の死角。感情の死角。一人称で語られる独白の見えないところ。
いくつもの主観が繰り返し語られることで、少しずつ死角に光が当たって、恐ろしい物が見えてくる。
偽悪的とでもいえるほどあからさまに、人のこころの闇を描くその作品。後味の悪い、救いようのない物語。

注意深く感じ取ってみれば、その作品には『よいもの』も描かれてはいるのだ。
光と闇は切っても切れない。こころの闇を描けば描くほど、その裏にある暖かいもの、傷つきやすいやわらかいものが、自然と顔をのぞかせる。
それでも湊かなえは、そちらを重視することはない。
露悪的に、暗い方に舵をきる。それが彼女の持ち味だけれども、そのバランスの崩れ具合が、個性でありながらも、完成度の足かせとなっているように思えてならない。

ひと癖ある、若手のキャストたち。この映画の中でも、いかにもダークな『湊ワールド』が展開されそうな予感があった。しかしそれは大きく裏切られる。
よいものと悪いもの。醜さと美しさ。善と悪。湊かなえがあえて取ってこなかったその二つのバランスを、この映画は取ってみせたのだ。
「湊かなえが歳をとって成熟したら、きっとこんな小説を書くのだろうな」
前からそんな風に想像していた、美しく昇華した『湊ワールド』がそこにはあった。

この世のものとは思えない、非現実的な美しさをたたえる北海道の風景。
その中で描かれる、『どうしようもないもの』と出会ってしまった人々の弱さと、それでもあがく強さと。闇だけでもなく光だけでもなく、そのどちらもがこころの中にあって、そのどちらもが、自分なのだという。そんな、絶望と救済の物語。

仄暗い原作を丁寧に丁寧に、別物のように美しく磨き上げて。
それでもそのフォルムは、まぎれもなく原作のまま。
原作と映画の、稀に見る幸せな関係に感動です。

72/2012

#468



|

« のぼうの城 | トップページ | リンカーン/秘密の書 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/56092515

この記事へのトラックバック一覧です: 北のカナリアたち:

» 映画「北のカナリアたち」吉永小百合主演映画だからと敬遠することなかれ [soramove]
「北のカナリアたち」★★★★ 吉永小百合、柴田恭兵、仲村トオル、 森山未來、満島ひかり、勝地涼、 宮崎あおい、小池栄子、松田龍平、 里見浩太朗出演 阪本順治 監督、 130分、2012年11月3日より全国にて公開 2011,日本,東映 (原題/原作:北のカナリアたち /湊かなえ ) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場2位... [続きを読む]

受信: 2012/11/18 08:30

» 『北のカナリアたち』 カラスがカナリアになった!? [映画のブログ]
 これはたいへん面白い企画だ。  東映創立60周年を記念して、吉永小百合さんの主演映画を公開する。となれば、吉永小百合さんのイメージや、年配客が中心となるであろう客層を考えても、真面目な感動作が期...... [続きを読む]

受信: 2012/11/19 13:41

« のぼうの城 | トップページ | リンカーン/秘密の書 »